【スマブラSP】新しいゲームモード、バトルシステムの変更点まとめ

今回は、大乱闘スマッシュブラザーズspecialの変更点、新しいゲームモードやバトルシステムなどを紹介していこうと思います!どのような点が変わったのか、ぜひ参考にしてみてください

対戦での新ルール、変更点

対戦ルールは最初に選ぶ!

今までの大乱闘スマッシュブラザーズでは、最初にキャラクターを選んでからルールなどを選択していましたが、スマブラSPでは、先にルールを選ぶようになりました。自分だけのルールも、セットしておけば、いつでも簡単に選択することが可能です。タイム制、ストック制に加えて、体力制も標準で選べます。

ステージ選択が先

スマブラSPでは、キャラクターを選ぶより先に、どのステージで遊ぶかを選択するのが先となりました。これにより、ステージに合わせたキャラクター選びができます。ステージ選択には、「毎回選ぶ」「順番に選ぶ」「敗者が選ぶ」の3つがあります。

サドンデスの変更点

引き分け時に行われるサドンデスは、蓄積ダメージが300%から始まるのに加えて、画面がだんだん狭まってくるようになりました。

チャージ切り札

新たなゲームシステム「チャージ切り札」はオプションでいつでもオン・オフ可能です。この機能は、対戦中にゲージが溜まっていき、最大まで貯めると威力弱めの切り札が発動できるようになります。

チャージ切り札を適用したバトルは、いつも以上に派手で楽しいゲーム展開になります。(同時に2つの切り札は発動することはできません)

新しいゲームモードまとめ

1人用の勝ち上がり乱闘

1人用の「勝ち上がり乱闘」は、シンプルに敵と連戦していくモードです。ファイターごとに一人ひとりコースが決まっており、登場する敵キャラクターも固定となっています。

団体戦の実装!

大乱闘スマッシュブラザーズspecialから新たに団体戦モードが実装されました。5対5か3対3の勝ち抜き戦で決着を決めることになります。1人で5体のキャラクターを選んで戦うのもよし、本当に、1人ずつ代わりばんこで遊ぶことも可能です。

トーナメント

トーナメントモードが実装されました!プレイヤーの人数、CPUの人数を入力することで勝手にトーナメントを組んでくれます。最大32人まで参加可能になっていて、1対1だけでなく、4人の大乱闘モードも選択可能です。

全員バトル

スペシャル乱闘に全員バトルというゲームモードが追加されました。このモードでは、ファイター全員から1人ずつ選んで戦うと次の試合では、それらのキャラクターを除外したファイターで戦うことになります。

このモードでは、多くのキャラクターを使える方が有利なのはもちろんのこと、相手が得意とするキャラクターをあえて先にとって戦うという戦略もできます。

トレーニング

トレーニングモードに、新たにトレーニング用のステージが実装されました。このステージでは、マップの背景に方眼があり、自分の攻撃で相手がどれだけ吹っ飛んだかなどを測りやすくなっています。

また、ふっとび量も表示できるようになりました。この吹っ飛び量は、赤い放射線がダメージ0%ときのふっとび量、青い線がダメージ100%のときのふっとび量を表しています。重さの影響などもヒットした瞬間に表示してくれます。

関連記事

ページ上部へ戻る